糖が気になる方へ減蕩麗茶(げんとうれいちゃ)

いきいき健康長寿げんとう屋 ご注文・ご相談はお気軽にどうぞ
    減蕩麗茶とは    ご注文はこちら    定期コース    ご注文ガイド   よくある質問    お客様の声    お問合せ

いきいき健康!減蕩麗茶

ご注文はこちら 定期コース

ごあんない
はじめてのあなたへ
店長あいさつ
げんとう屋のこだわり

減蕩麗茶について
減蕩麗茶(げんとうれいちゃ)とは
飲み方と保存方法
原材料と成分について
お客様の声
減蕩麗茶に関するQ&A

ご注文はこちら
その都度購入
定期コースご注文
FAXからのご注文

げんとう屋 ご利用ガイド
ご注文方法について
お届け・送料について
お支払い方法について
返品・交換について
よくあるご質問

ご注文フォームはSSLに対応しております。 当店のご注文フォームは
  SSLに対応しております

知っトク情報
健康診断の数値が気になりだしたら
おなか周りの違和感が第一のサイン
糖質のとりすぎが問題!?
本当に怖いのは合併症
わが身にふりかかった恐怖
もしかしたら・・・
影の臓器を守れ
放置しないことが大切

げんとう屋について
会社概要
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
お問合せ
サイトマップ








はじめてのあなたへ
あなたの健康対策、本当に大丈夫?!減糖の真実

「もしかしたら・・・」

それからの私は、糖について何か別の解決策はないものかと、
本を読みあさり、人に話を聞きにいったりできるかぎりの事をやりました。
漢方やサプリメントなどについても調べてみました。

そうした姿を見てかどうかわかりませんが、
父も少しずつやる気を取り戻し、
「薬が増えるばっかりじゃいかん」といいだしました。
薬じゃなく、昔からある自然のものでなんとかならないかと考えたのです。

私と父が注目したのが、 “玄米の成分” 、そして “桑の葉” でした。
古来より糖や脂肪にまつわる病に
民間療法として取り入れられてきたものです。

やると決めると続けるのが父の長所です。
私が配合した桑玄米をお湯に溶かして
朝、昼、晩とかかさず飲むようになりました。
最初は実感もなく、毎日が体調不良との苦しい戦いのようでした。

朝、重い体をおこして、マグカップに桑玄米をつくり、グッと飲む。
それからしばらく休んで
家のまわりの掃き掃除をするのを日課にしていました。
桑玄米が無くなったら「また作ってくれ」と父が言うので、
仕事のかたわら配合して渡しました。

そうした生活をはじめて3ヶ月経つか経たないかの頃、
父が「体が軽くなった」と言い出しました。

もちろん通院も続けて薬も飲んでいたのですが、
以前とは全く違い、表情も明るく、朝も早起きになり、
家の周りもピカピカに掃除するようになりました。

父に気力が蘇ってきたのです。

その後、半年程で病院の先生に
「かなり改善してますよ!どうしたんですか?」
とほめられ驚かれるようになりました。

父は「このお茶は良かぞ!良かぞ!」と大喜びで、
頼まれては知人にも配り、その都度私が配合し、
配合が追いつかないほどになってきました。

もしかしたら・・・このお茶が
父と同じように糖の悩みで苦しんでいる人の役に立てるかもしれない
と感じるようになった頃、父が私に言いました。

「俺は一生これを飲む。でもそれだけじゃもったいなか。
これをお前が世に出せ」

父は老後を、元気なく病院で過ごすのか、
それともいきいきと楽しみながら家で過ごすのかには
大きな差があることを身を持って体感していたのです。

医療費問題、介護問題・・・さまざまな問題がある昨今、
そうした大きな問題について、
正直私にどれくらいできることがあるのかはわかりません。

ただ、糖や糖にまつわることで悩んでいる人をひとりずつでも、
父のようにいきいき元気に導けたらそれだけでも役に立てると考えました。

それが本格的な商品開発をはじめることになったきっかけです。


影の臓器を守れ   減蕩麗茶のご注文フォームへ 




 

   サイトマップ  ご注文はこちら  定期コース  ご注文ガイド  よくある質問  お客様の声  お問合せ
Copyright by げんとう屋. All rights reserved.
許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を固く禁じます。

糖尿病 合併症 メタボ